(No210)天才トランペッター、クリフォード・ブラウンの初録音曲とクラブでのライブが聴ける貴重盤!!

☆クリフォード・ブラウンが21歳5ケ月の時の初録音2曲(A1、2)とA3、B1、2の録音は'55年5月31日のクラブでのライブで以前はブラウンが事故死する前日のライブ('56年6月25日)と言われていた曲。共に天才ブラウンがそのメロディックなソロを遺憾なく聴かせる貴重なセッションだ!!故大橋巨泉氏がMCを担当していたジャズのラジオ番組で…

続きを読むread more

(No209)ジョニー・グリフィンがリーダーのセクステットによる全員がベストプレイの激熱盤!!

☆熱いソロの中にファンキータッチなフレーズが聴ける全員がベストプレイのグリフィンの最高傑作盤だ!!極上のジャズムードで必ず両面を聴いてしまうという極楽盤でもある!!6曲全てが良く聴き処があるが強いて言うとA2、B3が個人的に大愛聴曲だ!!音質もステレオで広がりのある音が良い!!'59年8月の録音。

続きを読むread more

(No208)米仏混成メンバーによる渋くも熱いセッションでバルネ・ウィランのTSがスイングする貴重盤!!

☆'56年12月パリで吹き込まれたこのセッションはMJQのメンバーにフランスからTSのバルネ・ウィラン、Gのサッシャ・ディステル、BASSのジョージ・デュビビエが加わった好セッションでアルバムを通してTSのバルネ・ウィランが素晴らしいソロを聴かせる。その時19歳。天才だ!!オリジナルはフランスのベルサイユ盤だがこの盤はイギリスでの再発盤…

続きを読むread more