(No232)モダンなテディー・ウイルソンと言われるレイ・ブライアントの傑作トリオ盤!!

☆'57年4月5日吹き込みのブライアントのこのトリオ盤は内容の良さで最高傑作とされているが人気の面でも超一級品である。オリジナルはprestige7098だが今回紹介するのはフランスの別ジャケットでRVGの刻印も入っている高音質盤である!!全て聴きどころがあるがA1-メロディックな Pソロ、A3-華麗な Pソロ、B1-流麗な Pソロ、B…

続きを読むread more

(No231)TBのスライド・ハンプトンがチェコで吹き込んだモダン・ビッグ・バンドの優良盤!!

☆ジョン・サーマンとモダンビッグバンドを追いかけていた時に苦労して入手した思い出の一枚だ。リーダーはハンプトンだがバンドの主体はチェコのミュージシャンでBSはイギリスのジョン・サーマンが参加している。A1はミディアムスイングのマイナー曲。TB、BS、Drとソロが続く。迫力のあるバンドと各ソロが上々。A2は3つのパートで構成されている。a…

続きを読むread more

(No230)ハンガリーのピアニスト、ヤンシー・キョロシィーのコンボ演奏が聴ける貴重盤!!

☆このアルバムはオリジナルではなく2008年ハンガリーで限定300枚の限定盤として再プレスされたレコードだ!!A面6曲、B面7曲と多くいろんなタイプの曲が聴ける。それだけにキョロシィーの様々なタイプのソロが聴ける全貌的なアルバムと言えるだろう。各曲ソロ関係を簡単に紹介しておこう。A1は「枯葉」でTP(マズマズ)、AS(力強い)、P(メロ…

続きを読むread more