(No239)ソニー・ロリンズがprestigeへ吹き込んだカルテット作で傑作バラードが聴ける充実盤!!

☆このロリンズの「worktime」は愛聴盤で特にB1のバラードが大好きだったが今回両面通して聴いてみるとその他の曲も聴き処のある演奏で流石ロリンズ!!と改めて感心した!!!今回紹介するのはイギリスのesquire盤で音質、ジャケット共に素晴らしい一枚!!A1はDrのイントロソロからアップの TSテーマへ。(残念なのはカット部分があって…

続きを読むread more