(No257)セルダン・パウエルの九重奏団によるスイング感とロマンチックなバラードが聴ける娯楽盤!!

☆セルダン・パウエルはスイング系のモダン寄りな TS奏者で独特のトーンとバラードに旨味を見せる個性派だ!!このアルバムはパウエルのその個性をありのままに披瀝した代表作である!!録音は'55年10月24日と11月14日にNYで行われた。パウエル27歳の録音である。バラードはA2が素晴らしくメロディックなソロがたくましいトーンに乗って夢の世…

続きを読むread more