(No261)チャーリー・パーカーをメインにバップ派とクール派がソロを繰り広げる貴重盤!!

☆'47年11月8日にバリー・ウラノフ・オールスターズとして TP、 TS、AS、BASSのバップ派とCL、 P、Gのクール派とスイングDrがスタジオに一同に会してバップ演奏を披露した貴重なセッションがA面とB1〜3まで!!!B4〜6はタッド・ダメロン率いるクインテットのクラブでのライブで目玉はアレン・イーガーとウォーデル・グレイの2 …

続きを読むread more