(No267)リーダーはベースのレッド・ミッチェルだがピアノのボボ・ステンソントリオとして聴く貴重盤!!

☆スウェーデンのピアニスト、ボボ・ステンソンがミッチェルトリオの一員として参加した'69年2月吹き込みの貴重盤!!全篇ステンソンのフレッシュでリリカルなソロが聴けるしミッチェルの深く力強いベースが聴ける名盤だ!!ステンソンのベストソロは少しファンキータッチのソロがスインギーなA4。エバンス流のスムーズなソロが上々なB2。リリカルなソロが…

続きを読むread more