(No269)フランスのピアニスト、ミッシェル・ペトルチァーニのハードスイングなトリオ盤!!

☆'81年4月、オランダで吹き込まれたこのアルバムはペトルチァーニのデビュー作で18〜19歳の演奏。ビル・エバンスを消化して新しい世界を切り開こうとしていた恐ろしき19歳だ!!A1は歯切れの良いフレーズと粒だちの良い Pサウンドが上々な聞き応えのある曲だ。A2はミディアムスローのスタンダード曲。心に染み入るメロデックなフレーズがビアニス…

続きを読むread more