(No374)説得力のあるボーカルを聴かせる、アビー・リンカーンがriversideに吹き込んだ人気盤!!

☆闘うジャズボーカリスト、アビー・リンカーンのモダンメンバーをバックに説得力に溢れたボーカルが楽しめる一枚。録音は'57年10月でメンバーではTSのソニー・ロリンズが逞しいソロで存在感抜群だ!!ドーハムも上々のソロ!!ケリーの Pソロがないのは残念!!A1、2、B1、4とロリンズのソロが聴けるが、B1はミディアムのボーカルによるテーマか…

続きを読むread more

(No373)ビリー・ホリデイのCBSとコモドア吹き込みのコンピレーションでソ連から出た貴重盤!!

☆ビリーの初期の録音から絶頂期にかけての作品を集めたアルバムで珍しいソ連盤。音質はかなり良く聴けて問題は無い!!全12曲、名唱が続く名曲揃いで聞き応え十分だ!!A2、6、B1、はレスターのソロが聴ける。ビリーに寄り添うレスターのソロが優しい!!A3はコモドアに吹き込んだビリーの問題作!!A4はTS-ベン・ウェブスター、 P-テディー・ウ…

続きを読むread more

(No372)ドイツのクラリネット奏者、ロルフ・キューンのモダンスイングなプレイが聴ける快演盤!!

☆ヨーロッパのクラリネット奏者では矢張りロルフ・キューンが第一人者だろう。モダン初期から活躍し60年代にはモードプレイや前衛的な作品も残している。この作品はオーソドックスなモダン作品でバディー・デフランコ的なスインギーでホットな曲が素晴らしいがそれらはA1、5、B2、4、5で聴ける。クラリネット本来の音色も良くスインギーなソロとピアノも…

続きを読むread more