(No428)クラリネット奏者のジョン・ラポータが全編アルトを吹いたスインギーで貴重な娯楽盤!!

☆アンダーレイテッドなミュージシャンの一人であるジョン・ラポータの数少ないリーダー作の一枚。いかにも白人らしい明るい音色とバラードではか細いフレーズが特徴だ。知性派の一人で同じアルトのジジ・グライスを思い出す。A1は少しギクシャクとした感じのASソロ。ベースが良く出る。A2はスローなマイナーブルースでしっとりとしたソロ。A3はパーカーの…

続きを読むread more