(No621)フィニアス・ニューボーンがイタリアで吹き込んだトリオとソロによる活発な貴重盤!!

☆珍しいイタリアから出たトリオ/ソロの再発盤で'59年3月28日のローマでの録音!!名盤「we three」(prestige/'58年11月)とルーレットへの吹き込み('59年6月以降)のちょうど中頃の吹き込みだ。スインギーさとダイナミックさとオクターブ奏法の個性が良く出たセッションだ!!トリオ(A1、B1、2)とソロ(他の3曲)で名…

続きを読むread more

(No620)ケニー・ドリューがダイナミックなソロピアノを聴かせるポーランドでのライブ盤!!

☆'78年のポーランドでのライブでB3はトリオだがそれ以外の4曲はソロピアノによるダイナミックなプレイが聴ける!!!A1はクラシカルなタッチのテーマからジャジィーなノリでファンキーな雰囲気を交えてのソロピアノ!!A2はダイナミックなタッチのイントロソロからのブルーステーマ。左手からのブルースラインに乗ってダイナミックなソロへ!!B1はテ…

続きを読むread more

(No619)ソニー・クラークがブルーノートに吹き込んだ未発表曲集アルバムで音質、内容共に上々盤!!

☆ソニー・クラークが'57〜'58年頃に録音したトリオでの演奏で未発表になっていたもの。日本での初登場盤でもある。全8曲共にピアノソロのみのプレイで他のソロは無い。アルバム単位でのコンセプトに基づいた録音ではないのが残念な所だ!!録音は非常に良い!!!!A1、3は小粒なスイング感の有るPソロが良く、ベースも良く出ている。A2は軽スイング…

続きを読むread more