(No607)ドイツの女性ピアニスト、ユタ・ヒップがズート・シムズをフューチャーした快演盤。

☆アルバム全曲でズート・シムズのベストプレイが聴けるがリーダーはドイツの女性ピアニスト、ユタ・ヒップで小粒なスイング感で頑張っている。録音は'56年7月28日で'56年のズートは絶頂期でリーダー物、サイドメンでのソロと神ががっている!!!A1はスインギーなTSソロが上々!!BASSのウォーキングも強力だ!!A2はTSのテーマからチャーミ…

続きを読むread more