(No609)ベルギーのTS奏者、ボビー・ジャスパーの全盛期におけるカルテット主体のスインギーなベスト盤!!

☆ボビー・ジャスパーというとJ.J.ジョンソン・クインテットのメンバーとして活躍していたし、ウィントン・ケリーの名盤「kelly blue」での爽やかなフルートでのソロが有名だ。このアルバムでもフルートで2曲、クラリネットで1曲、その他はTSでスイングしている!!メンバー的にはA面とB1の8曲でのトミフラとエルビンが興味深い。この二人は…

続きを読むread more

(No608)バップピアニストのジョー・オーバニーがベースのNHO・ペデルセンとのスインギーなデュオ盤!!

☆ジョー・オーバニーはチャーリー・パーカーと共演し認められたピアニスト。しかし、録音が極めて少なくその音楽性が正当に評価されなかった。70年代に入るまで引退状態だったが'72年に再起してからの活躍で再評価されそのユニークなスタイルが認められた。まさしく伝説の幻のピアニストである!!!この作品はベースのペデルセンとのデュオだが得意なバップ…

続きを読むread more