(No661)渋いクラリネットのボブ・キーンによる圧力のあるアンサンブルがスインギーな貴重盤!!

☆ボブ・キーンはスイングの名手、アーティー・ショーの流れを組むクラリネット奏者だがコンボ演奏のアルバムが多く、オーケストラを率いるこのアルバムは大変貴重だ!!スイング感を主体にしたオーソドックスなアレンジが上々で圧力のあるアンサンブルが素晴らしい。A1はミディアムスロー曲で少しムーディーなダンサブルな曲。ソロはCLのみ!A2はリズミック…

続きを読むread more