(NO43)今日はジャズの巨人、ビリー・ホリデイとコルトレーンの命日につき貴重盤を!!

☆ビリーは'59年に、コルトレーンは'67年に同じ7月17日にニューヨークで亡くなっている。
ビリー44歳、コルトレーン41歳。
ソニー・ロリンズのセッションにコルトレーンがフラッと現れ一曲だけロリンズと共演したのが名曲"tenor madness"でアルバムの「TENOR MADNESS」は二人の熱いテナーバトルが聴ける名盤である。通常は赤い文字がこの盤では青になっている。別ジャケと言うより色違い盤だ。RVGの刻印入りで音も良い。
一方、ビリーの最高傑作盤はコモドア・セッションだ。今回紹介するのはそのコモドア・セッションを集めたスウェーデン盤。セッション別にまとめられているので良心的な編集になっている。再録は少しエコーが強い感じだ。B面に傑作曲が集中していて最高のボーカルが聴ける。
039D73B3-672D-405A-9890-E4A6FEC4B0AA.jpegE24FBD22-3C98-4F4A-9BCC-EC2043846BDC.jpegD3EDB7CE-8243-4149-8CFA-236319A7FD54.jpegF1E83741-0B2B-4F0C-B16B-C14C95D54ACD.jpeg

この記事へのコメント

ゆき
2019年07月17日 17:59
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。