(No236)アルバート・アイラーの初レコーディングでスウェーデンでのライブ。興味の尽きない傑作!!

☆'62年10月25日にスウェーデンの首都ストックホルムでの初レコーディング。小会場でのライブのようで十人くらいしか聴いていない感じだ。アイラー26歳の激しいブロウが生々しい!!オリジナルは超個人レーベルのbird-notes盤。今回紹介するのはフランスの別ジャケットでクラシック音楽的な上品なジャケットで内容、ジャケット共に素晴らしい!!
A1は TSによるミディアムテーマ。 TSソロから4ビートに乗ってブロウする!!途中 TSのソロを止めてbass/drのソロになる。その後 TS〜テーマを繰り返し静かに終わる。B2、3も繰り返しはないが同様な進め方でハードな TSのブローが聴ける。B1はハプニング的な部分もある曲で興味が尽きないし面白みもある。
この曲はロリンズの曲でミディアムのテーマからソロへ。 TSのソロの途中客が「ヤメロー!」的な声を上げて騒いでいる!!さらにハードな TSが続く途中ピアノを「ポロンポロン」と搔き鳴らして去っていく客がいたりする。アイラーは混乱したのかソロを止めるが又客が何かわめいている!!その後 TS入りテーマに戻り終わる。…と、面白みのあるハプニング的な名演。ハプニングもジャスそのものなのだ!!初作品からニュージャズのど真ん中のプレイを聴かせるアイラーのこのバイタルティーは凄い!!アイラーは'70年11月25日死去。34歳!!!
B5D64595-A934-4238-A7EC-13E955A1F0D9.jpeg78171022-396E-4AFD-957A-4F5E88FD5520.jpeg

この記事へのコメント