(No241)ソニー・ロリンズがパーカーの愛奏曲をメドレーとクインテットでの力演を聴かせる充実盤!!

☆どうも今週はロリンズ特集になりそうだ!!今回もイギリスのesquire盤で別ジャケット、高音質盤である!!'56年10月5日録音だ!!
A面は TS、TP、Pをフューチャーしたメドレー曲でこの順で二回りして7曲目に全員でのソロ が聴けるクインテットの演奏。各曲ソロ楽器とドラムのバースがあってドラムのローチも張り切っている。又、TPのドーハムがまとまりのあるソロを聴かせるし、 Pのレッジのメロディックな貴重なソロも聴ける!!各曲ミディアムだがテンポに変化を付けるとテンションも上がったのでは?B面はクインテットの演奏。B1はミディアムのワルツ曲で16分にも渡る長尺曲。各ソロ上々!!Drのロングソロが聴き処だしロリンズの太い TSも好調だ!!B2はミディアムスローバラードでメロディックな曲。力強い TS。特上の音質!!小粒だがしっかりとした粒だちの Pソロ。ロリンズのバラードは皆素晴らしい。26歳のプレイ!!
2B9A3B01-522A-459D-8588-F9DBE33FCC17.jpeg
42BE32A0-9D57-4315-99CB-33863DC25625.jpeg

この記事へのコメント