(No252)アル・コーンの未発表になっていたセッションの貴重な発掘盤!!

☆このアルバムは元々幻のレーベルであるprogressiveに録音され未発表になっていたセッションを'70年頃prestigeが発売したもの。録音は'54年7月29日で録音はルディー・ヴァン・ゲルダーだ!!
A1はミディアムスイング曲。レスターのフレーズが所々出る TSソロが良い。ASは表現が少し弱い。ベースは強力で上々!!A2は其々のソロがスインギーだ。A3はASが太いサウンドで TS的だ!!B1はASが参加しないカルテットでの演奏で太い TSが良くスイングする。B2はメロディックな TSソロが素晴らしい!!B3はバラードメドレーでAS、bass〜 P〜 TSと続く。各ソロ上々だ!!ベースの強力なソロが全曲で聴ける。やはり名手の一人だ!!
アル・コーンの名演はアル&ズートやコーン自身のリーダーアルバムで聴けるが貴重な未発表セッションと言う事で紹介してみた。
53D873CE-07B8-412D-A812-B6EDFCC503B2.jpeg3C8ED57A-6FE2-4862-9C37-DE2419BFAD55.jpeg

この記事へのコメント