(No254)白人個性派の TS、ウォーン・マーシュのプライベートなセッションで自由奔放なソロが聴ける貴重盤!!

☆このセッションはベースのビーター・インド自身の録音スタジオでプライベートに又はリハーサルとして録音されたものだ!!殆どの曲は TSのソロが終わったらフェイドアウトして終わってしまうと言う不完全曲だがマーシュのソロは充実していて楽しめる!! Pソロが聴けるのはA3、B3、5の3曲だがB3、5が TS 、Pソロ共に素晴らしいテイク!!A1、4、B1も好調で独特なウネウネTSソロが聴ける。A面は'59年12月19日、B面は'60年9月8日、A2のみ'60年2月22日の録音となっている!!!
9F4A2E17-7F39-40BA-94E8-C6F6EE634507.jpegAC24FC8A-00EB-43FB-9F78-665059CC192F.jpeg

この記事へのコメント