(No295)美人シンガー、ゲイル・ ロビンズのスタンダード中心のボーカルが聴ける快楽盤!!

☆'57年10月録音のこのアルバムは、大人のムード、大人の声で時には色っぽく、シットリと感情を込めて唄っている。
A2は少し太めの声でアニタ・オデイ的なジャズムード溢れたナンバー!!A4は一寸色っぽく、A6はシットリと、B1、4は軽いジャズムードで、B5、6は大人のムードのバラードだ!
美人で歌も上手いとなると思い入れも強くなるが、元々このゲイル・ロビンズは女優のようで…流石、美人度が高い!!必見必聴盤!!
67F5D93E-0D4B-4050-A97F-59917FF43119.jpeg2B5175A5-7AC7-4644-BFE9-7A52128DA148.jpeg

この記事へのコメント