(No297)コニー・ヘインズがオーケストラとコンボをバックに素直なボーカルを聴かせる快唱盤!!

☆'50年代中期に録音されたこのアルバムはコンボがバックの6曲(A2、4、6、B1、2、5)とその他の6曲はオーケストラがバックの声質は細いがコニー・ヘインズの代表作だ!!
コンボ曲ではジャジィーでリラックスしたボーカルが楽しめる。A6、B2がベストでインストソロも入りジャズムードもタップリだ。A4ではケイ・スター的なジャジィーなシャウトも聴ける!!オーケストラがバックの曲はドラマチックに盛り上がる曲が多い。その中でA5はドリーミィーに、B6は抑え気味でオーソドックスなボーカルだ!!音質も上々でボーカル演奏共にしっかりと聴く事が出来る!!
2864EAB3-1ABA-4399-976C-046025DBE8E2.jpeg4A988E57-1947-457C-B7C9-F50F7DECA234.jpeg

この記事へのコメント