(No427)ASやFLも吹くポール・ホーンのモーダルなプレイが全編フレッシュな極楽盤!!

☆ポール・ホーンクインテットによるモダンな時としてモーダルな演奏が聴ける代表作で特にピアノのフレッシュなプレイが光っている!!
'60年3月の録音でmono盤。音質も各ソロしっかり出て素晴らしい!!
A1はFL(フルート)とVIBEによるミディアムファースト曲。スインギーなFL、VIBEが良く Pはモード的プレイがフレッシュで良い!!!A2は各ソロオーソドックスだが新しいムードを感じるプレイだ。 Pのポール・モーアの作品だけにモード的な雰囲気が良い!!A3はASのテーマからBASSをフューチャー。次いでASソロへ。少しファンキータッチでキャノンボール的サウンドだ。スインギーなVIBE上々。フレッシュな Pソロが素晴らしい!!B1はミディアムスイングのワルツ曲。各ソロスインギーで充実している。B2はブルースでどこか都会的なブルースに感じる。特に Pのソロが良い。B3はミディアムファースト曲でASのテーマから短いDrソロと各ソロを交えて進行するモーダルな曲。各ソロの力演が上々だ!!!
C3EE34D9-C366-40E1-A7DD-E6DD7071AF3E.jpeg7AFCBF8C-FEFF-4B09-AA79-7756A20E76D2.jpeg

この記事へのコメント