(No431)オランダの無名トランペッター、エバート・ヘッケマのカルテットとTSを加えたクインテットによる初リーダーの意欲盤!!

☆オランダのトランペッターで高名な人は殆どいないが強いて言うと、シーズ・スモール(ダイアモンド5というグループで活躍!)ぐらいでこのエバート・ヘッケマはその後に続くトランペッターだが殆ど知られていないのが実情だ。
このアルバムはアメリカのアーシィーなTSのサンディ・モッシィーが参加した4曲、ヘッケマ自身のカルテットが2曲、ピアノトリオが1曲聴ける。TPはオーソドックスで良くスイングしている。アタックの弱さを感じるが頑張り感が出ている!!'81年4月27日の録音。
A1はアーシィーなTSソロ。スピーディな Pソロ。TPは明るくスイングするオーソドックスなプレイ。A2はミュートTPによるワルツ曲。ミディアムスイングのカルテット曲。TPはまとまっているがもう少し大胆さが欲しい。A3はミディアムスロー曲。ソロからミディアムでスイングする。TPはマズマズだが良い味を出している。 Pソロが良くTSも力強くまとまっている。B1はTSの少しクールな感じのロングソロが上々!!続くTPソロはスムースなソロで Pはスインギー!!B2はソロピアノの演奏。なかなか良い出来。B3はTSの少しアーシィーなスイング感のあるソロ。TPはメロディックなソロ。アップテンポになって Pソロが上々!!B4はカルテットでミディアムファースト曲。TP、 P共にスインギーなソロ。
TPのベストソロはB4!!クインテットではB1、3が良い!!TPは特別優れているわけでは無いが良くスイングして頑張っている姿にそっと拍手を送りたい気がする!!
323C78F5-601D-448D-ABB7-43B30422351A.jpeg

99BCE044-2F63-46A1-BA7B-9CC6DF31B8C2.jpeg

この記事へのコメント