(No625)スイング寄りのモダン派テナー、セルダン・パウエルのバラードに魅力を感じるベスト盤!!

♪♪今週は色ジャケットシリーズ第3弾で「黄ジャケ」をお送りします。優れた内容のアルバムばかりですのでご期待下さい!!

☆セルダン・パウエルの少しアルトっぽい音色とノスタルジックなソロが何とも言えない魅力を醸し出している。'55年10〜11月の録音。
A1、3、B3はアンサンブルをバックにスインギーなTSソロが良く力感と余裕のあるソロだ!!A2、4、B2はスローバラードでムーディーなTSソロが素晴らしい。特にA2は傑作で力強くも有りメロディックなソロが出色だ!!!B1はモダン小バンド的なテーマからTB、TP、Pのソロへ。ベイシー風なアレンジで各ソロも良い。最後にスインギーなTSソロが入るがソロは少し短い。B4はミディアムのテーマからゆったりとしたTSのソロが聴ける!!!
B7625AE7-4671-4188-9452-4A2BFF653A52.jpeg08FE87DB-AF80-4C1F-BBD8-942A7E0E843F.jpeg

この記事へのコメント