(No671)デンマークのバリトン奏者、マックス・ブリュエルの2種のカルテット演奏が聴ける充実盤!!

☆北欧にも優秀なバリトン奏者が居て今回はデンマークのマックス・ブリュエルのウェストジャズ的な軽快な一作でBS+Pトリオではジェリー・マリガンを彷彿させるプレイと共にトリスターノ的なコンセプトを取り入れた曲もあって興味深い。またBS+TPのカルテットではマリガン/ベイカー流のスムースなプレイが良い(B1〜3)!!!
A1はソフトタッチのBSサウンドで軽スイングする。A2はミディアムファースト曲。ハードトーンでマリガン流にスイングするがスムースなアドリブラインはサージ・チャロフに近い!!A3はトリスターノ系のミディアムスイングテーマ。スインギーなBSが上々!!A4はミディアムスローバラード。朗々とBSソロが続く。B4はミディアムスイングで少しトリスターノタイプな曲。BSはオーソドックスにスイングする。B5はミディアムファースト曲で軽快にスイングするBSによるが上々!!
B1はTPのヨルゲン・リグが加わりPが抜けたカルテット演奏。BSはマリガンを意識した感のゆったりとしたソロ。TPはベイカー〜ファーマー系でベイカー寄りのストレートなソロで音も良い!!B2はミディアムスイング曲。活発なTPソロとマリガンにソックリなBSソロ!!B3はミディアムスイング曲でハードトーンでスイングするBS。TPは張りのあるソロ!!ブリュエルのソロがたっぷりと聴けるベスト盤でデンマークのジャズの質が高い快演盤だ!!!
9143FA92-2042-4652-B372-1F24A5ADA19D.jpegD1F4ACFD-0E48-44A7-97AC-BEAFD2AD63A0.jpeg

この記事へのコメント